流行語大賞に“村神様“って・・・?

 昨日、今年の「現代用語の基礎知識選 2022ユーキャン新語・流行語大賞」が発表された。年間大賞にプロ野球三冠王となったスワローズの村上宗隆選手の活躍で使われるようになった“村神様”が選ばれた。

 でもねえ、「それって何?」てな感じがするのだ。私がプロ野球中継やスポーツニュースを見ていても、2・3度しか耳にしなかったからねえ。大賞に選ばれるほどそんなに広く流行した言葉だとも思えない。もっとも私が見ていたのはタイガース戦のみだから、流行っている印象もないのは当然か。そもそもプロ野球に興味のない人たちにとっては、耳慣れない言葉に違いない。もっと流行語と相応しいものは、他になかったのか。

 以下、トップテンに入った言葉を見てみると・・・、

・キーウ
ロシアから攻撃を受けたウクライナの首都であり、今年最も見聞きしたのであるが、大賞の選考にはマイナスイメージを受けるものは選ばれないらしい。

・きつねダンス
日本ハムファイターズの応援ダンスで、ファイターズガールが笑顔でダンスする姿が話題になった。プロ野球ファン以外でも少しは知られていたようだが、それとてやはり一部の人たちの間だけだったと思う。

・国葬儀
凶弾に倒れた安倍元首相の葬儀で、その賛否を問われ話題になったが、流行語として世間一般受けするものでもなかったか。

・宗教2世
これも安倍元首相銃撃事件を契機に注目を集めたもので、あの事件がなければ一般的には知られることもなかったかも。

・知らんけど
この言葉、今年になって流行った? 大阪在住の私など何年も前から使っている。昨日のニュース番組で、東京のどこかの街頭でインタビューを受けていた若い女性が、この言葉をよく使ったなんて言っていた。しかしねえ、イントネーションが全く違うのよ。「大阪弁は大阪だけで流行っていればええ。全国区にならんでもええのに」と思ってしまった。

・スマホショルダー
10代か20代かの女性がスマホを肩からぶら下げているのをたまに見たことはあったが、それが「スマホショルダー」というものだとは、私は知らなかったし、流行っているとも思えないのだが・・・。

・てまえどり
こちらの言葉こそ全く知らなかった。要はスーパーなどで、商品棚の手前にある古い(賞味期限まで短い)商品から選んで下さい、ということらしい。まあ、うちのかみさんなんか、相変わらず手を伸ばして奥から取っているみたいだ。食品ロスを削減しなければならないから、あとで注意しておこう。

・ヤクルト1000
これは聞いたことがあるが、残念ながら口にしたことはない。それほど売れているものかも知らなかった。私がいただいたことがないほどだから大賞に選ばれないのも当然なのか。

・悪い円安
今年後半からどんどん円安となってしまったが、そもそも昔は“1ドル=360円”だったのだ。150円くらいなら良しとすべきとの意見もある。物価高にも繋がってはいるが、そんなことより、皆収入が増えないから苦しんでいるのだ。


 というように、どれもこれも多くの人々にそれほど流行したものでもないように思える。そもそも、毎年必ず選ばなければならないものなのか? 「今年は該当なし」という年があってもいいのでは?

 過言をお許し願えるとして、スワローズファンだけの“村神様”が大賞に選ばれたくらいだから、来年は“あれ”が大賞に選ばれるかも知らない。そのためには、それこそ“あれ”を達成できるように虎軍団には頑張ってもらわねば。


この記事へのコメント