今季最後の一戦は無様すぎの敗戦

<CSファイナルステージ 対スワローズ 3回戦 3対6 で負け>
 先発の青柳は頑張っていたし、大山のタイムリーもあって3対0。今日は一矢報いることができるかと思いきや・・・。

 何ちゅう点の取られ方しとるんや?! 恥ずかしいわ! これが目指してきた虎の戦いか?! 7回裏に1安打で5失点ってなに? その1安打も村上のボテボテの1塁線のゴロ。無理して浜地がグラブトスで1塁へ投げたボールがこれまたとんでもない悪送球となって、満塁の走者がすべてホームへ返ってしもうた。あんなんホームラン打たれた方がよっぽどすっきりするわ!

 話が前後してしもうたけど、だいたい2死満塁でマルテが間に合いそうにもない2塁へ送球するか?! それも大悪送球となるなんてなあ。1点くらいやっても良かったんちゃう? 流れが相手にズズズーッと行ってしもうたな。

 そもそもこの回まで頑張ってきた青柳やったけど、制球が乱れ始めていた。四死球で満塁になったところで、投手交代でも良かったんちゃうかな? まあエースやから踏ん張ってくれると思うてたんやろうけどね。

 ホンマにしょうもない負け方やったわ。もっと緊迫した試合やったらCSの価値もあるんやろうけどね。敗れたから言うわけでもないけど、所詮おまけシリーズやな。さっぱり盛り上がらんかったわ。こんなCSなんて妙な制度はヤメたらええのになあ。

 今季タイガースは負け越したのに日本シリーズに出ることがなくなって、ホッとしてますわ。正直そんなことになったら恥ずかしいなあと思ってましたもん。

 さてと、これで今季のタイガースの戦いも終わりましたね。振り返ってみると、色々言いたいことはございますが、それは各メディアなり他の虎ファンに任せます。

 矢野監督、4年間ご苦労様。それから、首脳陣の皆様、選手の皆様、球団のスタッフの皆様、お疲れ様でした。半年間まあまあ楽しませていただきました。ありがとうございました。


この記事へのコメント